とまとりと米国株

試行錯誤の米国株運用

NYダウ投資信託の比較です。少し差が出てきましたね。

NYダウ投信を比較したいと思います。

まず価格のチェックから。

f:id:tomatori:20201108040259p:plain

純資産39.38億(実質コスト0.33%)

f:id:tomatori:20201108040311p:plain

純資産530.43億(実質コスト0.78%)

f:id:tomatori:20201108043454p:plain

純資産191.48億(実質コスト0.67%)

f:id:tomatori:20201108040337p:plain

純資産194.17億(実質コスト0.26%)

f:id:tomatori:20201108040348p:plain

純資産181.53億(実質コスト0.58%)

同じタイミングで積立を開始しましたが価格差が出てきましたね。

安くなっている順で積立をしています。

成績順で並べてみるとこうなりました。

iFreeダウ10,305円>SMTAMダウ10,274円>たわらダウ10,206円>SMTダウ10,128円>eMAXISダウ10,115円

iFreeダウが1番成績が良いですね。

 

次は資産順です。

SMTAMダウ530.43億>iFreeダウ194.17億>sMAXISダウ191.48億>SMTダウ181.53億>たらわダウ39.38億

SMTAMダウがNYダウ投信の中で1番資産が多いです。たわらは少ないです。

 

次は実質コスト順です。運用報告書から少ない順です。

iFreeダウ0.26%>たわらダウ0.33%>SMTダウ0.58%>eMAXIS0.67%>SMTAMダウ0.78%

 

実質コストと純資産で考えるとNYダウを投資信託で積立する場合は「iFreeダウ」が良さそうです。

SMTAMダウは実質コストが1番高いのですが、2番目に成績が良くなりました。

これは私の積立したタイミングでしょうね。

 

NYダウ投信は「iFreeダウ」で間違いなさそうですね。

 

ではでは。

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村