とまとりと米国株

試行錯誤の米国株運用

今日もまたiFree投信の価格チェックです。楽天全米株式VTIと楽天米国高配当VYMの比較も。

この前iFree投信の比較をしましたが、今日も確認をしたいと思います。

まず価格チェックです。

f:id:tomatori:20201114034403p:plain

順位が変わりましたね

ついでに楽天VTIも。

f:id:tomatori:20201114034457p:plain

こちらも良い感じです

この7つを成績順に並べてみます。

NYダウトリプル>iFreeNASDAQ100>iFreeNEXTFANG>iFreeNYダウ>iFreeS&P500>iFreeレバレッジNASDAQ>楽天VTI

私が購入したタイミングだとこうなりました。

 

次は全米株式、NYダウ、S&P500、NASDAQ100で比較してみます。

f:id:tomatori:20201114042416p:plain

モーニングスターより投信比較

f:id:tomatori:20201114042533p:plain

3年チャート

比較して気がつきましたがiFreeNYダウのトータルリターン1年はまだマイナスのようですね。

(※訂正、10月31日ではマイナスですが11月13日では+2.85%になっています)

3年でも全米株式とS&P500に負けています。

最近ダウの調子が良いからVTIとS&P500より成績が良いと思ったけど違いました。残念。

これを見て来年のNISA枠を迷ってしまいました。

アメリカに広く分散投資したVTIの方が良さそうかな??

それとも配当非課税を利用してVYMやHDVのほうが良いのかな??低コストで優秀ですよね。

 

ではついでに楽天全米株式(VTI)と楽天米国高配当株式(VYM)を比較してみます。

f:id:tomatori:20201114045410p:plain

モーニングスターより楽天全米株式と楽天米国高配当の比較

f:id:tomatori:20201114045508p:plain

3年チャート

f:id:tomatori:20201114053908p:plain

HDV、VYM、VTI、DIA

もう少し悩んでみます。

 

ではでは。

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村